トランスメディア提供アイコン01 マッキー 2015/5/11

一昨日のサイクリング中、距離が長いとやっぱり途中でお腹が減って。

e0250481_22727100.jpg
立ち寄ったのは、地元では知らない人はいない、うどんチェーン店「牧のうどん」。
福岡県内外に20店舗ほど展開してて、地元では「マッキー」と呼ばれています。

e0250481_2275258.jpg
上司からの突然の指令で、また出張で地元を数日離れることになったので、
出発前に博多の料理を食べとこうと、地元オリジナルのごぼう天うどんを注文。
それにプラスしたのは、マッキーの絶品「かしわめし」:外せないメニューです。

e0250481_228132.jpg
博多のうどんは、基本ネギ入れ放題。
隣の小ぶりなヤカンは、予備のうどんスープ(マッキーでは、ダシと言わずスープと言う)が入っています。
ここのうどん麺は、特殊な製法のためスープを限りなく吸うので、放っておくと麺が増えてスープが消えていきます。
この現象からマッキーのうどんは、魔法の麺と呼ばれていて、予備スープは必須です。

e0250481_2285262.jpg
牧のうどんは「製麺所に併設されたうどん店」であるのが特徴で、店内カウンターの中の調理場は製麺所でもあります。
その場で作った麺をすぐに使うので、防腐剤不使用。
このお値段の飲食店では、とても珍しい健康的な一面もあります。
(この日のお代は、ごぼう天うどん410円、かしわめし190円の、計600円でした。)

e0250481_2292929.jpg
マッキーでは食事代は「舌代」と呼ばれているんですね。

e0250481_2210225.jpg
お店の外観は、どの店舗でもこんな感じの昭和な大衆文化的佇まいです。

博多(福岡)と言えば、とんこつラーメンで有名ですが、実は「博多はラーメン処と言うよりも、うどん処である」と言うのが、地元民の見解です。
福岡県民はラーメンをよく食べるけれども、たぶんそれ以上にうどんを食べています。

博多に承天寺と言うお寺があって、そこは鎌倉時代に聖一国師により開山されているのですが、
「聖一国師」は、中国(宋)から、仏教の教えとともに、日本へ最初に製粉技術を伝えた人物で、
このお寺が日本のうどんの発祥地と言われています。
(他にも、香川、愛知の岡崎、水戸など諸説あります。)

地元のうどんをしっかり満喫したので、突然の海外出張にも耐えれそうです。



"Hey Micky" Sound track from the movie "Bring It On"
[PR]

by 844-41 | 2015-05-11 19:55 | 外でご飯

<< サムゲタン 2015/5/12 Happy Mother... >>