トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:モロモロ( 18 )

トランスメディア提供アイコン01 スマホへの帰還 2015/11/17

e0250481_11551890.jpg
久々のスマホ生活は初めての富士通(日本製)で復帰です。
2009年頃からずっとスマホはiPhoneだったけれども、
Androidのタブレットを使い始めてから、
その使い勝手の良さから「もうiOSには戻れない」って感じていて。

arrows m02って言う格安スマホ用の中堅機種なんだけれども、
防水・おサイフケータイ・電池3日持ちとか、動作もサクサク
日本製のスマホも凄く良いですね^^


"GOLD" by Awesome City Club

[PR]

by 844-41 | 2015-11-17 08:00 | モロモロ | Trackback | Comments(9)

トランスメディア提供アイコン01 最近すごく遅いWiMax 2015/11/16

e0250481_12283464.jpg
久しぶりにスマホに戻ることになりました。
ガラケー + タブレットの生活から。

タブレットをスマホの代わりに使うのは不便ではなかったのだけれども、
タブレットの通信に使っている「UQ WiMax」(ポケットWifi)の、
接続エリア・速度・安定性が全然ダメだなぁって感じることが最近多くて。

UQのホームページでは接続エリアにしっかり収まっているのに、
実は全く繋がらないエリアが多かったり。
自宅(政令指定都市中心部)付近の繁華街でも、
レストランやカフェの奥の方の席に着くと電波届かなかったり。
速度は最速220Mbps(僕の使ってる機種だと110Mbps)と謳ってる割に、
週末とか1Mbも出ない(=ガラケーより遅い)ことが頻繁で。※速度制限になってないのに…
プチ電波途切れもしょっちゅう起こるし、、、

と言うことで、ガラケーはキープしつつ、
タブレット+ポケットWifiから ⇒ データ専用Simのスマホに通信環境を変更です。
選んだのは速度が遅いって評判の楽天スマホなのに
全然サクサク快適でWiMaxの遅さが際立ちます^^;

でも解約金高いし家に固定のネット通信環境ないのでWiMaxは暫くキープです。
WiMaxのMaxって「最高」って意味なんだけれども、
通信速度はMinimum(最低)で解約金はMax(最高)なんだよなぁ…(苦笑)


"次やったら殴る" by トリプルファイヤー


[PR]

by 844-41 | 2015-11-16 08:00 | モロモロ | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 ポケットWifiをup grade② 2015/3/29

昨日のポケットWifiの話の続きで…

今までも使っているポケットWifiの速度に、問題はあまりなかったけど、
WiMax2にup gradeしてみて実際どのくら速くなったか、Speed Testを使って調べてみました。
(図内の数値は、左から下り、上り、PING値)

①元々使ってた、Mobile Cube(WiMax)
e0250481_0445643.jpg
(下り6.5Mbps、上り0.8Mbpsくらい)

②最近使い始めた、nad11(WiMax2)
e0250481_0453766.jpg
(下り22.9Mbps、上り4.4Mbpsくらい)

③おまけ、実家の光インターネット100Mbps
e0250481_04635100.jpg
(下り30.6Mbps、上り30.3Mbpsくらい)

やっぱり実家の光インターネットは断然速く、特に上りが圧倒的です。
でも下りだけなら、WiMax2も相当善戦してるって印象です。
同じWiMaxでもnad11の方がMobile Cubeより結構速かったし。

ただPING値は段違いで、やっぱり光インターネットは安定感抜群だなぁって。
でも午後6時くらいの込み合う時間帯でこの値なら、まあまあ大丈夫なんじゃないでしょうか。
(よく知らないけど)

・・・って久しぶりにBlogを更新した2日間は、全然Photoネタから外れてしまい、
IT企業の開発系の部署に異動になった職業病のようなネタでした^^;

ネット環境も少し良くなったし、もう少し頻繁に写真撮ってBlogにupできるよう頑張ろうっと。
(来年度は海外出張が減りますように!)


"People are People" by Scam Luiz (originally performed by Depeche Mode)
バンドメンバーの出身地が、南アメリカのスリナム(Vo & B)、欧州のドイツ(G)、アジアのインドネシア(Dr.)と、
とても国際色豊かでかっこいいバンドだったけれども、鳴かず飛ばずでとても残念だったバンドです。
[PR]

by 844-41 | 2015-03-29 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 ポケットWifiをup grade① 2015/3/28

普段使っているネット環境は、ポケットWifiだけなんだけれど、
今春から速度低下になるWiMaxから、WiMax2に契約を変えました。
ちょうど2年縛りの更新月だったし。

ちなみに、一人暮らしだから、家にいない時はネット環境が必要ないのと、
携帯はガラケーで、7インチのタブレット(Wifi通信機能のみ)をスマフォ代わりに使ってるから、
自分で持っている & 使っているネット環境はUQのポケットWifiのみです。

今まで使ってたのが、このMobile Cubeって言う2011年頃発売のルーター↓
e0250481_091681.jpg
大きさが約67(W)×67(D)×14.2(H)で、重さ約69gで、

今回使い始めたのが、NEC製のnad11って言う2014年中頃発売のこれ↓
e0250481_0112377.jpg
約109(W)×65(H)×8.2(D)mmで、重さ約81g。

このnad11って下り最大速度が110Mbpsで、220Mbps出る最新のポケットWifi機種よりも遅かったり、
流行りのスマフォみたいな大きな液晶画面から操作することもできないんだけど、、、

①この機種はWiMaxとWiMax2の切り替えを手動でできる珍しい機種で、
WiMax2の容量制限7GBを超えそうでやばい時に、制限の無いWiMaxに事前に切り替えれたり、
②スマフォ辞めてポケットWifiを普段持ち歩くから、小さくて薄くて軽いのが一番だったり、
③タブレットやスマフォから、ポケットWifiのOn/OffやWiMax/WiMax2の切り替えが遠隔で出来て、便利だったりと、
ネットゲームしない & 動画もほとんど見ないネットライトユーザの僕には、
そんなに速度なくても、機能は十分だしとても便利で問題ないんじゃないかなと。

通信環境が少しだけup gradeです。


"Mobile" by Avril Lavigne
[PR]

by 844-41 | 2015-03-28 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 Epilogue ~遺産~ 2014/9/11

生前のばあちゃんは、長らく絶縁状態だった、ある2人をとても心配していました。
もう、10年近くなるでしょうか。
家族や親族、誰も手を付けられない状況でした。

e0250481_1411943.jpg

ばあちゃんの葬儀の場で、その2人は導かれるように互いを許し、
過去を清算できたのは、親族一同の驚きでした。
キッカケは、ばあちゃんの遺言でした。
その遺言を預かっていた親戚のおばちゃんが、
「ばあちゃんからの遺言、2人仲良く!あんた、もう許してやんなさい。」と。

葬儀の後に、その2人と僕の3人で、一緒に珈琲を飲みながら語り合っていると、
昔、まだみんな若くて仲が良かったころと同じように話をして、とても幸せな気持ちになりました。
2人はすでに不思議なくらい、元通り、もしかしたら以前以上に、分かり合って、お互いを認め合っています。

10年間、誰にも解決できなかった問題を、一瞬で解決できるばあちゃん、
本当に強くて素敵な人です。
最後まで家族を思ってくれてたんだね。
みんな、みんな、感謝しているよ。


"Amazing Grace" performed by Victor Wooten
[PR]

by 844-41 | 2014-09-11 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(10)

トランスメディア提供アイコン01 If I could 2014/9/10

8月下旬の日曜日。
朝早く、母から電話があり、ばあちゃんの呼吸が停止し、ICUに移ったと。

e0250481_0282268.jpg

僕は急いで病院に向かったのだけれど、
ばあちゃんの声を、もう一度聞くことは叶いませんでした。

その前日は副作用の影響で体調が悪かったのですが、親戚たちと語り合い、
意識を失う直前の早朝も、看護師に感謝の言葉を掛けていたそうです。
それからわずか数時間後、ばあちゃんは、そのせっかちな性格らしく、早々に旅立ってしまいました。
僕ら家族に、介護やつらい思いをさせる暇さへ、与えてくれなかったのです。

@ a local rice field in Kyusyu


"If I Could" by Pat Metheny Group

みなさん、いつも多くのあたたかいコメントをありがとうございます。

残念ながら、祖母は先月の内に旅立ってしまいました。
その事実を伏せたまま、Blogを綴り続けたこををお詫び申し上げます。

駆け抜けるように旅立ってしまった、ばあちゃんの最後の日々を綴ることは、
ばあちゃんに対する気持を顧み、気持ちの整理をする、セラピーのようなものでした。

ばあちゃんが、みなさんからのコメントを読んでいれば、とても喜んでいただろうと信じています。
褒められすぎていて、きっと照れ笑いをしていることでしょう。
みなさんからのコメントに、大変勇気付けられています。
深く感謝の意を表します。
[PR]

by 844-41 | 2014-09-10 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(14)

トランスメディア提供アイコン01 計画 2014/9/9

ばあちゃんは、治療を受けることを医師と相談し決意するときに、
「出血が起きると、普段の生活や移動に支障が出る。」と言っていました。
ばあちゃんは、この段階でも10月に愛知まで曾孫に会いに行くこと、
つまり僕との約束を果たすつもりだったのです。

e0250481_0575487.jpg

僕のいとこで看護師している子がいます。
ばあちゃんの入院先近くの病院で働いていることもあり、
忙しいスケジュールの中、ほぼ毎日ばあちゃんを見舞ってくれています。
そのいとこから聞いた話によると、ばあちゃんの計画は、
10月の曾孫に会いに行く以外にも、
・9月中旬の誕生日会を盛大に
・その場で孫5人を全員集めて、それぞれに余興を披露させる
などなど、余命半年をみんなで楽しく過ごせるよう、色々と練っているようでした。

ばあちゃんは、どんな時も希望を見出せる人なのです。

@ a local firm land in Kyusyu


"These are the days of our lives" by Queen
[PR]

by 844-41 | 2014-09-09 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(8)

トランスメディア提供アイコン01 方針 2014/9/8

盆を少し過ぎて、今後の治療方針を協議するため、担当医と、ばあちゃん、両親、僕で集まりました。
担当医は、癌が色んなところに転移していること、
想定していたよりも症状が進んでいることを、ばあちゃんに説明しました。

e0250481_23452985.jpg

ばあちゃんは最初に、延命のための治療を希望しないことを医師に伝え、
その上で医師と相談し、今後の生活に支障が出にくくすることを目的とした治療を選びました。
医師からの症状、治療方針や副作用などの説明を聞き、
確認や質問をしたり、自分の意見を述べたり、方針を自分で決めていました。

齢86、あと1か月で87歳のばあちゃん、実にしっかりとした受け答えに、
孫として「あっぱれ!」と言いたい、誇らしげな気持ちでした。

@ my parents' garden


"Minuano" by Pat Metheny Group
[PR]

by 844-41 | 2014-09-08 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(12)

トランスメディア提供アイコン01 小さくガッツポーズ

8月中旬に、治療によっては半年以上の余命の可能性があると、医師からの診断があり、
開腹手術でより詳細な検査をすることになりました。
手術前に一時帰宅をすることになり、僕は実家で久しぶりに寿司を作り、
ばあちゃんは家族と一緒にお寿司をおいしそうに食べて、
みんなでワイワイ楽しい時間を過ごせました。

e0250481_19275373.jpg

病院に戻る次の日の朝、「ばあちゃん、頑張ってね!」と声を掛けると、
ばあちゃんは、笑顔で小さくガッツポーズを右手で決めて、
その日同じ病院で検査を受ける父と一緒に、病院に向かいました。

開腹手術後の回復も驚異的で、とても朗らに人と話をし、食欲もあり、病院の中を1人で歩き回ったりと、
本当に余命半年なの?って周囲も驚くほどの元気さでした。

@ parents' home


"I'll Still Be Loving You" by Fourplay
[PR]

by 844-41 | 2014-09-07 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(3)

トランスメディア提供アイコン01 花火 2014/9/6

ばあちゃんが入院していたその頃、ちょうど病院の近所で地元最大級の花火大会があり、
ばあちゃんはその日に院内で知り合った人の部屋で、一緒に花火を観て楽しんだそうです。

e0250481_1725484.jpg

「花火大会が始まる頃、病院の人たちが上の階に移動し始めてね、
 私や若い患者さん達は勝手がわからないから、どうしようか迷っていたのだけれども、
 『今からでも間に合うかもしれないから、とにかく上の階に行ってみましょう』って、その若い子たちを誘ったのよ。」
「最上階に着くとね、私は運よくその階に入院していた、見知らぬ患者さんに部屋に入れてもらって、
 窓際から最初から最後まで花火を観れたのよ。」
「この病院は花火大会の特等席ね。」
後日お見舞いに訪れたときに、楽しそうにそう話していました。

この明るさは、ばあちゃんの一番の強さです。


"Firework" by Katy Perry
[PR]

by 844-41 | 2014-09-06 20:00 | モロモロ | Trackback | Comments(4)